タオル生地の種類
パイル地
タオル基本生地です。ループ状の織り方がタオル独自のふわふわとした肌触りを感をつくりだし、その表面積の多さにより十分に水分を吸収してくれます。 パイル地
シャーリング地
簡単に言うとパイル部分の表面を毛刈りしたのがシャーリングです。ビロードのような肌触りとつやが魅力。女性の方は髪やアクセサリーにひっかからないので便利です。 シャーリング地
表ガーゼ織地
パイルの風合いとガーゼの柔らかさの両方をもつ機能タオル。軽くて乾きやすく使うほどに肌になじみます。 表ガーゼ織地 裏はパイル地
朱子織地
ガーゼ織と一見同じように見えますが、表面の決め細やかさが違います。生地目が詰まっており、ガーゼ織に比べ生地風合いが少し固めとなります。主に繊細な柄をプリントする時などに使用します。 朱子織地 裏はパイル地
ワッフル織地
織り形状がワッフルにのお菓子に似ている事から、ワッフル織と言います。この織物の特徴は、凸凹で立体感のある表面で、地が厚くザックリとした感触と柔らかさをあわせ持ち、吸水性に優れていることです。 ワッフル織地
無撚糸地
無撚糸とは、撚りのない糸の事。普通の綿に比べ、ふんわりしていて、綿花そのもののやわらかさが伝わってくるような感触です。繊維の間に隙間が多いので、毛細管現象を助け、素早く水分を吸収します。 無撚糸地
【閉じる】